時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデー!!ナカノアパレルの無縫製技術を紹介!海外一流ブランドも注目!

投稿日:

4月22日放送のがっちり!!マンデーでは「意外に国産ビジネス」を特集!見た目などからてっきり外国産だと思っていた商品が実は国内産だったというビジネスを紹介してくれました。

最後に紹介されたのは山形県南陽市にある「ナカノアパレル」、一見ただの小さな縫製工場のように見えますが実は「ジル・サンダー」、「プラダ」、「ジェームス・パース」などの一流海外ブランドの洋服を作っているスゴイ会社でした。

→ナカノアパレル

 

海外一流ブランド製品を山形県で製造

人口3万2千人の小さな町にあるナカノアパレルさんの工場は、一見のどかな田舎にある工場のように見えますが海外一流ブランドの洋服がこの工場で次々と製造されています。

「ジル・サンダー」、「プラダ」、「ジェームス・パース」などの海外一流ブランドがナカノアパレルに製造を依頼する理由は世界に誇る日本の縫製技術にありました。

 

世界のブランドを魅了する無縫製技術

この工程に使われるのは無縫製ミシン、針や糸を使わずに特殊なノリを使って縫製する特殊な技術です。まずはノリの付いた両面テープをミシンで生地に貼り付けて生地同士を合わせていきます、その後プレス機で圧力をかけながら高温でノリを溶かして縫製する技術です。

元々は元々はウエットスーツで使われていた技術ですが、生地が厚い綿では不可能とされてきました。しかしナカノアパレルさんではノリの種類や圧力・温度を調整する事によって、綿での無縫製技術を確立する事に成功したのです。

 

さらに新しい独自の縫製技術も

その技術の名前は「ボールチェーン千鳥留め」、女性服の襟などにある金属の飾りであるボールチェーンは以前は手でひとつひとつ縫製していて1着作るのに1時間以上もかかったそうです。

ナカノアパレルさんではこのボールチェーンを縫製することが出来る特殊なミシンを開発、1時間以上かかったボールチェーン留めの工程を10秒程度で完成させることが可能になりました。

 

感想&まとめ

ナカノアパレルさんでは日々業務用ミシンの改造に取り組んでいます、その技術力から「オンワード 23区」などの国内ブランドからも依頼があり順調に売上を伸ばし続けています。

2007年には約18億円だった売上も2017年度は33億円を見込んでいると言いますからこれからも伸び続けそうな会社ですね♪

■4月22日放送のがっちりマンデー!!で紹介された他の「意外に国産ビジネス」はコチラ

→がっちりマンデー!!でASCOの凍結解凍覚醒法を紹介!国産バナナが栽培可能に!

→がっちりマンデー!!バドワイザーやハイネケンはキリンビールが作っていた?

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデーでカモ井加工紙を紹介!ハエ取り紙からマスキングテープへ!

10月15日放送の「がっちりマンデー!!」では「あの会社は今」としてハエ取り紙の「カモ井加工紙株式会社」を紹介。 1960年にハエ取り紙の「ハイトリ紙」で一世を風靡したカモ井加工紙さん。昔は天井から吊 …

がっちりマンデーで洗濯板を小さくした土佐龍を紹介!なぜ今洗濯板?

11月5日放送の「がっちりマンデー!!」では「まさかのアレをミニサイズに!小さくしてがっちり!」という事で従来よりも小さくする事でがっちり儲けている商品を紹介しました。3番目に紹介されたのは「洗濯板」 …

がっちりマンデーでメディリフトを紹介!EMSで顔の筋肉を鍛えられる美顔器!

12月16日放送のがっちりマンデーは「業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース!2018」。 毎年恒例の人気企画、様々な業界誌の編集者がその年に起きたトップニュースを紹介してくれました。最後に …

がっちりマンデーで中古農機具販売の「旺方トレーディング」を紹介!元手20万円で10億円!日本以外でボロ儲け!

8月13日放送の「がっちりマンデー!!」では海外向けの中古農機具販売を手掛ける「旺方トレーディング」を紹介! 創業平成12年で世界87ヵ国と取引、年商10億円をかせぐ一流企業です。 そんな旺方トレーデ …

がっちりマンデーでエコ配(ecohai)を紹介!宅配便のLCCを目指すその戦略とは?

2月25日放送の「がっちりマンデー!!」では新企画「道で良く見る会社」を特集!よく目にするという事はたくさん走っている、たくさん走っているという事は儲かっているハズ。という事で最初に紹介されたのは「エ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク