時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデーでメタモジのゲンバノートを紹介!手書き入力で会議をスムーズに!

投稿日:

2月11日放送の「がっちりマンデー!!」では「すごい社長が再挑戦!がっちり!もう一度社長!」を特集!一度はある事情で社長を辞めたけど、現在は新しい会社で頑張っている「もう一度社長」を紹介してくれました。最初に紹介してくれたのは元ジャストシステム社長の「浮川和宣(うきがわかずのり)」社長でした。

 

 

株式会社MetaMoji

港区にあるソフトウェア会社が浮川社長の現在の会社です。ワープロソフト「一太郎」の大ヒットにより一世を風靡したジャストシステムですが、その後マイクロソフトの「Word」にシェアを奪われ大きな赤字を出してしまう事になります。

その責任を取って浮川社長は8年前に社長を辞任しましたが、元々開発が大好きな浮川社長は大きくなってしまった会社では試せないようなアイデアを試せる会社を作りたいと思い60歳で株式会社MetaMojiを起ち上げました。

→MetaMoJi – メタモジ

 

MetaMoJi Note(メタモジ・ノート)

こちらが浮川社長のアイデアを元に開発したアプリ、タブレットなどに書いた手書きの文字をペンで囲むとキレイな文字に変換してくれます。簡単な操作で文字を変換することが可能という事で、誰でもコンピューターを身近に使えるような時代を願って開発したアプリです。

→MetaMoJi Note – iPad/iPhone、Android、Windows向け手書きノートアプリ

 

GEMBANote(ゲンバノート)

会議などの資料に手書きで文字を書き込むと、他の人の資料にもリアルタイムで反映されるというアプリです。写真などに印もつけられるので確認作業が多い建築現場で大活躍、さらに銀行や学校などでも使われていて現在は国内2000以上の企業や団体ですでに使われているそうです。

→デジタルノートアプリ GEMBA Note | MetaMoJi

 

感想&まとめ

パソコンで文字変換をする時にスペースバーを押す仕組みを作ったのが浮川社長、使いやすいという事が一番世の中に広がりやすい事に繋がるという言葉が印象的でした。60歳でジャストシステムを辞めた時にも、まだ自分には世の中のためになる仕事が出来るのではないか?という信念から今の会社を起ち上げたそうです。使いやすい便利なソフトウェアを作りたいという想いが今の会社にも息づいていますね♪

2月11日放送のがっちりマンデー!!「すごい社長が再挑戦!がっちり!もう一度社長!」で紹介された他のもう一度社長はコチラ

→がっちりマンデーで大平きのこ研究所の黒舞茸を紹介!元雪国まいたけ会長の再挑戦!

→がっちりマンデーで高田明社長のV・ファーレン長崎を紹介!ジャパネット流経営再建術とは?

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデーで高田明社長のV・ファーレン長崎を紹介!ジャパネット流経営再建術とは?

2月11日放送の「がっちりマンデー!!」では「すごい社長が再挑戦!がっちり!もう一度社長!」を特集!一度はある事情で社長を辞めたけど、現在は新しい会社で頑張っているもう一度社長を紹介してくれました。最 …

がっちりマンデーで外国人向け包丁専門店タワーナイブズを紹介!名入れはアート?

12月17日放送の「がっちりマンデー!!」では「儲かる外国人社長」を紹介!日本人がつい見逃してしまう日本の会社の強みを見抜いて、島国日本で起業した儲かっている外国人社長にスポットを当てていきます。2番 …

がっちりマンデーでライメックスを紹介!水に濡れても破れない名刺!

11月26日放送の「がっちりマンデー!!」では「業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース!2017」を特集!全国に2000紙はあるという業界新聞や専門誌から編集部の記者が今年一番スゴかった特ダ …

がっちりマンデーでアパガードのサンギを紹介!ハイドロキシアパタイトって?

10月15日放送の「がっちりマンデー!!」では「あの会社は今」としてアパガードの「サンギ」を紹介。 株式会社サンギと言ってもあまり馴染みは無いとは思いますが、1995年に放映された「芸能人は歯が命」の …

がっちりマンデーで「ニッセン」を特集!どん底からちょっと復活!?ぽっちゃり向けのスマイルランドを展開!

8月6日放送の「がっちりマンデー!」では「どん底からちょっと復活!?」という事でカタログファッション通販の「ニッセン」を特集! 10種類以上のカタログを年間2億冊も発行して順調に売り上げを伸ばしてきた …

スポンサーリンク
スポンサーリンク