時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデーでカモ井加工紙を紹介!ハエ取り紙からマスキングテープへ!

投稿日:

10月15日放送の「がっちりマンデー!!」では「あの会社は今」としてハエ取り紙の「カモ井加工紙株式会社」を紹介。

1960年にハエ取り紙の「ハイトリ紙」で一世を風靡したカモ井加工紙さん。昔は天井から吊るされた粘着性のあるテープをよく見かけたものですが最近では全然見ないですよね。そんなカモ井加工紙さんですが今は文房具のマスキングテープを作って儲けていました。現在は14年連続で増収中!2016年度の売上は109億円というから驚きです。

→カモ井加工紙株式会社 公式サイト

 

なぜマスキングテープを作り始めたのか?

ハイトリ紙の売上が落ちてきた1965年、ハエ取り紙で培った紙に接着剤をくっつける技術を使って工業用のマスキングテープを製造開始しました。工業用のマスキングテープを52年間も作り続けているカモ井加工紙さんが文房具用の使いやすくてかわいいマスキングテープを作り始めたのにはあるキッカケがありました。

 

工場に訪れた3人の女性

ある日、趣味で工業用マスキングテープを使って作品を作っていた東京の3人組の女性から工場見学をさせて欲しいと連絡がありました。そして工場を見学した女性3人はもっと使いやすくてかわいいマスキングテープがあれば売れるのにと提案を行い、最初は半信半疑だったカモ井加工紙さんも試しに試作品を出すことになりました。そして2008年に第一号として発売した「MT マスキングテープ」が大好評!現在では毎年100種類以上の柄のマスキングテープを製造するまでになったのです。

 

3人の女性はなぜカモ井加工紙に?

3人の女性は他のマスキングテープを製造している会社にも見学オファーをしていましたが、話を受け入れたのはカモ井加工紙さんだけだったそうです。何でもない工場見学を受け入れたことが14年増収の今に繋がっていると思うと何がキッカケになるか本当にわからない所ですね。

 

感想&まとめ

工場見学の女性のアイデアが会社の運命を左右するような事に繋がると言うのは非常に稀なケースだとは思いますが、そのアイデアを試してみたカモ井加工紙さんのフットワークの良さに魅力を感じましたね。毎日商品を見ている自分たちにとっては関心が無い事柄でも消費者にとっては購入する場合に非常に重要な要素となりえる場合があるという事です。そしてその大事な要素を見逃さずにすぐに行動に移す姿勢も大事だという事に気付かされました。

 

10月15日放送のがっちりマンデー!!で紹介された他の会社はコチラ

→がっちりマンデーでポケベルの東京テレメッセージを紹介!今でも防災ラジオでがっちり!

→がっちりマンデーでアパガードのサンギを紹介!ハイドロキシアパタイトって?

 

-がっちりマンデー!!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデーで洗濯板を小さくした土佐龍を紹介!なぜ今洗濯板?

11月5日放送の「がっちりマンデー!!」では「まさかのアレをミニサイズに!小さくしてがっちり!」という事で従来よりも小さくする事でがっちり儲けている商品を紹介しました。3番目に紹介されたのは「洗濯板」 …

がっちりマンデー!雑居ビルをホテルにコンバージョン!ReBITA(リビタ)の新ビジネスを紹介!

8月12日放送のがっちりマンデー!!は「リフォームウォーズ2018」。 最近は新築よりも古いものを直すリフォームやリノベーションが大人気、そんなリフォーム業界の中でも独自ビジネスを展開して儲かっている …

がっちりマンデーでタイ屋台999を紹介!Zの法則のメニューで坪月商79万円!

5月13日放送のがっちりマンデーは飲食店を丸裸にする禁断の企画「坪月商50万円超えの怪物店」を特集! 飲食店で坪月商30万を超えると繁盛店と呼ばれていますが、今回の番組では坪月商50万円を超える「怪物 …

大がっちりマンデーでニトリ会長のスゴイ忘年会!小泉純一郎氏も出席!

1月28日放送の「がっちりマンデー!」は3週連続でスゴイ社長の新年会の様子を紹介!今回特集するのは「スゴイ社長の知られざる食卓!」。「ダイソー・矢野社長」、「ほぼ日・糸井社長」、「ニトリ・似鳥会長」3 …

がっちりマンデーでパクチーの原価は20円?エスニック酒場の儲かる秘密を公開!

11月26日放送の「がっちりマンデー!!」では「業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース!2017」を特集!全国に2000紙はあるという業界新聞や専門誌から編集部の記者が今年一番スゴかった特ダ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク