時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデーで「ヘリマシステム」のティオックを紹介!3段階で安全!

投稿日:

長野県長野市にある株式会社ティオック、工事現場の保安用品を専門に扱うメーカーです。工事現場にある信号や騒音などの環境表示器、さらに道路工事現場されているLED表示器などを全国の工事現場に提供しています。最近工事現場で良く目にする人が動くタイプの電光掲示板もティオックさんが発明したもの、そんなティオックさんが今推している最新システムが「ヘリマシステム」です。

→株式会社ティオック 電光掲示板 LED照明 LED道路標識 街路灯 道路工事用グッズ 製造・販売 (長野市)

 

ヘリマシステムとは?

現場の作業員のヘルメットに付けられた器具がこのヘリマシステムの正体です。大型重機のそばに近づくとヘルメットに付いているヘリマシステムから光と音が発せられます、これは重機に近づきすぎていると言うサインを光と音で知らせる事によって現場の安全を守る画期的なシステムです。外側のLEDは安全ならば緑、危険な時は赤に変わりますので本人だけでなく周りの人にも危険を知らせることが出来ます。

 

ヘリマシステムの仕組み

重機に磁界を発生する装置を設置して重機の周りに円状に磁界を発生させます。その磁界の中にヘリマシステムが入るとICタグがそれを感知して、激しい音やひさしについたライトを点滅させることによって危険を知らせてくれるのがヘリマシステムの仕組みです。重機に巻き込まれたら人間なんてひとたまりもないですからね、これは便利で安全なシステムです。

 

3段階の安全構え

今までは重機に乗るオペレーターに対して危険を知らせるものが多かったですが、作業員自体やその周りにいる作業員からも危険が分かる事によってより現場の安全性をより確保する事が可能です。このヘリマシステムは現在全国30か所の工事現場で活躍中ですが、工事現場だけでは無くフォークリフトを使う現場でも注目されているそうです。

 

感想&まとめ

確かに現場で作業している方は周りが目に入らない場合もありますから、それを音と光で教えてくれるシステムはとても便利ですね。現場の保安用品を扱う専門メーカーのティオックさん、工事現場の危険を周りに知らせる電光掲示板だけではなく工事現場で働いている人たちの安全も考えた商品を開発しているのはスゴいですね。技術の進歩で最近ではICタグも手に入りやすくなり色々な事に活用され始めています、こういう人の安全を守る技術がどんどん進めば危険が多いガテン系の仕事でも安心して働く事ができるのかも知れませんね♪

10月8日放送の「がっちりマンデー!!ガテン系でがっちり!」で紹介された他の会社はコチラ

→がっちりマンデーで工事現場で食堂を運営するアサヒコーポレーションを紹介!

→がっちりマンデーでブルーシートを作る萩原工業を紹介!和柄シートも!

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデー!ナスタは郵便受けの投入口を広げて売上が2倍に!儲かる地味チェンジ!

7月1日放送のがっちりマンデー!!では「儲かる!地味チェンジ」を紹介! 例えば看板を変えたり、今までとは違う客層への新しいサービスをはじめたりなど、よく知っているお店や会社がちょっとだけ地味に変わって …

がっちりマンデーで「スタジオアリス」を特集!大人も撮れる写真館に?儲かる地味チェンジ!

8月27日放送の「がっちりマンデー!!」の「儲かる!地味チェンジ」第2弾では「スタジオアリス」を特集! お子様向けの写真館として有名なスタジオアリスさんもある地味チェンジをして儲かっていました。 今期 …

がっちりマンデー!フリーパワーを紹介!電動いらずのアシスト自転車!

6月17日放送のがっちりマンデー!!では「がっちり自転車ビジネス!2018」を特集! 健康志向の人が多くなったり、アシスト自転車の登場で、今人気がどんどん上がっている自転車。そんな自転車ブームの中で生 …

富澤商店やピカールなど個性的な品揃えのマニアック食品スーパー(がっちりマンデー!!)

5月7日に放送の「がっちりマンデー!!」、今回のテーマは「儲かる!マニアック食品スーパー」。 個性的な品揃えで売り上げを伸ばす個性的なスーパーの紹介です。 紹介された3店舗のうち、2つは私も知っている …

がっちりマンデーでキクロンAを紹介!累計販売数7億個超のナイロンたわし!

  7月22日放送のがっちりマンデー!!では「新企画!意外な億ヒット」を特集! 様々な会社を取材してきた中で出てきたとびきりの儲かりワードは「億」。 製品を作った数が何万個ではなく何憶個も作 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク