時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

人生最高レストラン

人生最高レストランで服部幸應が比良山荘の「月とスッポン鍋」を紹介!

投稿日:

9月2日放送の「人生最高レストラン」では「服部幸應」さんが比良山荘の「月とスッポン鍋」を紹介!

滋賀県琵琶湖の近くにある旅館「比良山荘(ひらさんそう)」。ここで出される熊鍋が人生最高の一品だそうです。

服部先生が最後の晩餐にどうしても食べたい「月とスッポン鍋」の魅力に迫ります!

 

滋賀県の旅館「比良山荘(ひらさんそう)」

京都駅からタクシーで40分ほどの山間にある滋賀県大津市葛川坊村町。

この村にあるのが旅館「比良山荘(ひらさんそう)」です。

夏には鮎、冬には熊がおススメの料理として提供されるそうです。

→比良山荘 公式サイト

 

死ぬ時は熊じゃなきゃダメだ!

服部先生が死ぬ前に食べたい一品は熊。

熊の肉と言うと臭みが強いイメージがありますが服部先生が食べたいのはツキノワグマ。

ツキノワグマは他の熊とは違って草食動物なので肉に臭みがほとんど無いどころか逆にどんぐりの風味がして美味しいそうです。

イベリコ豚はどんぐりを食べて育てるから普通よりも美味しいお肉になるのと同じ理屈です。

番組内ではツキノワグマを「イベリコ熊」と呼んでいましたw

 

月とスッポン鍋

琵琶湖では天然のスッポンが取れますが、その天然のスッポンを生きたまま捌きスープを作ります。

そのスープの中にツキノワグマの肉を入れれば月とスッポン鍋の完成です。

このスープを飲んだ瞬間に服部先生は最後の晩餐に食べるならこれだ!と決めたそうです。

ちなみにツキノワグマの肉は捌いて見ないと脂がのった上質な肉なのかどうかはわからないそうです。

 

味の感想が言えない…

その味を服部先生に聞いても明確な味が説明できません。

「この世のものとは思えないような味」

「脂自体はさっぱりしているがコクがあり、鼻に全然つかずにトロッと溶ける、言いようがない味」

あの服部先生をもってしても説明が出来ないほどの美味しさなんでしょうね、想像がつきません。

 

感想&まとめ

あの服部先生が死ぬ前にどうしても食べたい一品はなんと熊肉でした。

脂身が赤身の3倍ほどあるお肉は見た目にはあまり美味しそうには見えませんが、味は相当なものなのでしょう。

熊を食べると言うと北海道というイメージが強かったのですが滋賀県でも熊が食べられるんですね、ツキノワグマ食べてみたいですね♪

 

9月2日放送の人生最高レストランで紹介された他の服部幸應先生おススメ料理はコチラ

→人生最高レストランで服部幸應が焼肉の名店「金竜山(きんりゅうさん)」を紹介!

→人生最高レストランで服部幸應が越前蟹の坊「海老てんこ盛り丼」を紹介!

 

-人生最高レストラン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生最高レストランで中村アンが恋と食の関係を力説!天竜の焼き餃子が恋のリトマス紙?

1月27日放送の「人生最高レストラン」では中村アンさんが「私が恋に落ちる おいしいアイツ」をテーマに恋をする様々なシチュエーションで行きたいお店を紹介してくれました。かっこいいカラダだと思う有名人で1 …

人生最高レストランで木村多江がとれたて旬ごはんを紹介!金目鯛のしゃぶしゃぶ・タケノコの天ぷら・母の手作りコロッケ

4月7日放送の人生最高レストランでは木村多江さんが「とれたて旬ごはん」を紹介!旬のものを獲れた場所に行って食べる事が最高の贅沢と語る木村さん、人生最高の一品は母が作ってくれた手作りコロッケでした。 & …

人生最高レストランで出川哲朗がヤバイよ!グルメを紹介!大将寿司・ゴールドラッシュ・カウボーイ!

4月14日放送の人生最高レストランでは出川哲朗さんが「ヤバイよ!グルメ」を紹介!あらゆる料理の中でハンバーグとカレーが好きだと言う、少し小学生のような味覚を持っている出川さんが紹介してくれたお店とは? …

人生最高レストランで関根勤が「うなぎ」の名店「いちのや」を紹介!

7月29日放送の「人生最高レストラン」では今年で63歳になる「関根勤」さんが「東京っ子普段着のごちそう」と題して最高の名店を3店紹介! その中でも「注文から50分待つうなぎ」として紹介された渋谷 神泉 …

勝俣州和さんが選ぶ食べると元気になる料理!(人生最高レストラン)

5月6日に放送された「人生最高レストラン」で放送された勝俣州和さんのオススメグルメを紹介します。 勝俣さんと言えば食べ歩き歴20年、訪れたお店は1,000店舗以上と芸能界屈指のグルメ好き。 そんな勝俣 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク