時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

ガッテン

ガッテン!ピーマン嫌いの子どもでも食べられる丸ごとピーマンホイル焼きのレシピ!

投稿日:

10月10日放送のガッテン!ではピーマンが嫌いな子どもでも美味しいと食べられる調理法を紹介!

子どもの健康のためにピーマンを細かく切って何とか食べさせようとしていると思いますが、実はピーマンは丸ごと食べた方が苦く無いという事です。

今回のガッテン!ではピーマンが嫌いで全く食べなかった子どもでも、「おかわり」と思わず口にするようなピーマン料理を紹介してくれました!

 

丸ごとピーマンホイル焼きのレシピ

<材料>

・ピーマン 4個

・かつお節

・しょう油

 

<作り方>

1.ピーマン4個をアルミホイルで包む

2.トースター(250℃)で12分加熱

3.その後3分余熱調理

4.仕上げにかつお節としょう油をかければ完成

 

たったこれだけでピーマン嫌いな子どもでも苦味を感じずに食べられる、絶品ピーマン料理が出来上がります。

 

なぜピーマンが苦くなくなる?

その理由はピーマンが持っている「巨大細胞」、水分を多く蓄える事ができる細胞の事ですが、切らずにそのまま調理する事で多くの水分を保ったままピーマンを調理する事ができます。

水分を多く含んだピーマンは苦み成分も水分で薄くなるので、あまり苦み成分を感じないまま美味しく食べられるそうです。

 

ピーマンの肉詰めも苦くない

基本的にピーマンの水分を損なわないように調理すれば、劇的にピーマンの苦味を抑える事が可能になります。

ピーマンの肉詰めも丸ごとのピーマンに少し切れ目を入れて、ひき肉をその隙間からひき肉を入れ込んで調理する事で、苦味を感じずに美味しいピーマンの肉詰めが出来上がります。

 

ピーマンの丸ごと肉詰めのレシピ

<材料>

・ピーマン 8個

・合い挽き肉 150g

・玉ねぎ 50g

・ケチャップ 大さじ2

・塩 小さじ1/2

・砂糖 小さじ1/2

・コショウ 少々

 

<作り方>

1.ピーマン以外の材料を袋に入れて良く混ぜる

2.ピーマンをまな板に置いて安定する位置で縦方向に切れ目を入れる

3.ピーマン以外の材料で作ったタネを隙間から注入

4.フライパンにピーマンの切れ目が上になるように並べる

5.大さじ2の水を加えてフライパンにふたをして強火で3分半過熱

6.火を消した後2分半余熱で過熱すれば完成

 

ピーマンの水分を保ったまま、ピーマンの肉詰めが完成です。

ピーマンに苦味が無いので、ピーマン嫌いな子どもでも美味しく食べられる一品です。

 

感想&まとめ

個人的には生でピーマンを食べても美味しいと思う程ピーマンが好きな私ですが、苦くないピーマンと言うのもちょっと味わいたい気がしてきますね。

丸ごとピーマンのホイル焼きだとピーマンがまるで別物に感じるほどの味わいになる様子、一度試してみたいと思います♪

-ガッテン
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガッテンでレムナント(超悪玉)コレステロールの存在が明らかに!non-HDLの値が重要!

11月15日放送の「ガッテン!」では「コレステロールの新常識SP注意すべきはコレだ!」を特集!番組では9回目となるコレステロールの特集でしたが今回は第3のコレステロール「レムナントコレステロール」が初 …

ガッテンで腰痛改善のパカパカ体操を紹介!腰痛の原因は股関節だった!

9月27日放送の「ガッテン!」では「珍体操で腰痛改善SP!」を特集! 過去8回も腰痛に関して放送してきたガッテン!ですが、今回は「股関節腰痛」にスポットを当てていきます。 腰痛の原因は股関節の動きにあ …

ガッテンで葉酸パワーを解説!ビタミンMが認知症や動脈硬化を防げる理由とは?

1月17日放送の「ガッテン!」では認知症&動脈硬化を防ぐ新情報SP!を解説。ビタミンMと呼ばれている「葉酸」の力に注目しました。なぜ葉酸が身体に良いのか?という理由をわかりやすく解説してくれました。 …

NHKガッテンで水虫の感染ルート新発見!原因は水虫の自覚症状がない家族?

7月26日放送のNHK「ガッテン!」では「水虫 驚きの感染ルート新発見!」という事で水虫の原因や対策法を解説。 普通は足がかゆい症状がでる水虫ですが、症状が出ない水虫もあるそうです。もし家族がそんな水 …

ガッテン!「人とのつながり」が寝たきりを防ぐ!炎症を抑えて健康長寿!

6月6日放送のガッテン!では「筋肉&血管を守る!健康長寿の最強の条件」を紹介! 寝たきりにならないためには身体の機能を若々しく保つことが大切、運動や摂生ももちろん大事ですが、それよりも大事な条件とは「 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク