時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデー!高級腕時計の定額レンタル「KARITOKE」を紹介!

投稿日:

8月19日放送のがっちりマンデー!では「儲かる!定額ビジネス」を特集!

大阪府大阪市にあるクローバーラボ株式会社が運営するブランド腕時計の定額レンタルサービス、「KARITOKE(カリトケ)」が紹介されました。

 

KARITOKE

インターネットで会員登録を行い、約40ブランド300種類の腕時計の中から自分が借りたい腕時計を選べば自宅まで宅配便で届けてくれるサービスです。

月に1回は交換する事が可能なので、月ごとに腕時計を変える事も可能なサービス、日常生活でついてしまう細かいキズや汚れなども問題はありません。

昨年6月にサービスを開始してから会員数は1万人を突破、今急成長している定額ビジネスです。

→KARITOKE(カリトケ)|ブランド腕時計のレンタルサービス | KARITOKE

 

選べる4つのプラン

KARITOKEは借りたい時計に合わせて4つのプランが選べます。

・カジュアルプラン 月額3,980円(税抜)

→カジュアルプランで借りられる腕時計一覧

 

・スタンダードプラン 月額6,800円(税抜)

→スタンダードプランで借りられる腕時計一覧

 

・プレミアムプラン 月額9,800円(税抜)

→プレミアムプランで借りられる腕時計一覧

 

・エグゼクティブプラン 月額19,800円(税抜)

会員の約3割が選んでいる超高級ブランド腕時計を借りられるプランです。

→エグゼクティブプランで借りられる腕時計一覧

 

儲けのカラクリとは?

例えばエグゼクティブプランで借りる事の出来る「ウブロ ビッグバン」は新品価格で約150万円。

年間レンタル料は19,800円×12か月で約24万円、元を取るのに6年3ヵ月もかかってしまいます。

しかしKARITOKEの時計は全て中古品、良い状態の中古品を安く仕入れてたくさん貸し出す事で利益を出す事ができます。

 

今年中に新たなサービスも

そのサービスとは時計をたくさんもっているお客さんの時計を借りて、又貸しするサービスです。

又貸しレンタルで得た料金を腕時計を貸してくれたお客さんに還元する事で、腕時計を貸したお客さんも借りたお客さんもKARITOKEもみんなが嬉しいビジネスモデルです。

高級腕時計をたくさん持っているけどあまり使っていないという方には、副業にもなりえるビジネスですね。

 

 

感想&まとめ

思い切って高級な腕時計を買っても、いつしか型も古くなりますし使っているうちにキズや汚れも溜まっていってしまいます。

100万円以上もする高級ブランド時計を月額19,800円で借りる事ができるのであれば、かなり手軽なサービスですね。

高級腕時計はかなり大きな買い物ですから、一回試しに使ってみてから買いたいという方にも使えるサービスだと思います♪

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデー!!滋賀県民は日帰り旅行好き?その県「だけ」の儲かりエンターテインメント!

7月9日放送の「がっちりマンデー!!」ではその県「だけ」の儲かりエンターテインメント!を紹介。 滋賀県民は日帰り旅行が大好きだそうです、そんな県民性に合わせた儲かっている施設2つが紹介されていました。 …

がっちりマンデーで出前館を紹介!出前ができなかったお店でも出前が可能に!

11月12日放送の「がっちりマンデー!!」では「儲かる!お店ネットワーク」という事でチェーンやフランチャイズでは無く小さいお店が集まってできたネットワークで儲かっている会社を紹介!最初に紹介されたのは …

がっちりマンデーでアパガードのサンギを紹介!ハイドロキシアパタイトって?

10月15日放送の「がっちりマンデー!!」では「あの会社は今」としてアパガードの「サンギ」を紹介。 株式会社サンギと言ってもあまり馴染みは無いとは思いますが、1995年に放映された「芸能人は歯が命」の …

がっちりマンデーで外国人向け包丁専門店タワーナイブズを紹介!名入れはアート?

12月17日放送の「がっちりマンデー!!」では「儲かる外国人社長」を紹介!日本人がつい見逃してしまう日本の会社の強みを見抜いて、島国日本で起業した儲かっている外国人社長にスポットを当てていきます。2番 …

がっちりマンデーでカモ井加工紙を紹介!ハエ取り紙からマスキングテープへ!

10月15日放送の「がっちりマンデー!!」では「あの会社は今」としてハエ取り紙の「カモ井加工紙株式会社」を紹介。 1960年にハエ取り紙の「ハイトリ紙」で一世を風靡したカモ井加工紙さん。昔は天井から吊 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク