時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデーでゲーセンミカドを紹介!格闘ゲーム大会で月商1000万円!

投稿日:

2月4日放送の「がっちりマンデー!!」では「儲かる!昭和ビジネス」を紹介!紹介してくれたのは東京の高田馬場にある「ゲーセンミカドINオアシスプラザ」。1980年代から90年代のレトロゲームを中心に営業している今は数も少なくなった老舗のゲームセンターですが、対戦型格闘ゲームの聖地として現在再ブレイクしているそうです。

 

ゲーセンミカドINオアシスプラザ

高田馬場にあるゲームセンターには所狭しと懐かしいアーケードゲームが設置してあります。2階に上がるとそこには対戦型格闘ゲーム機が100台以上稼働中、懐かしいブラウン管の画面が良くみえるように薄暗くされた店内の一角ではお客さん同士が大盛り上がりしています。

→高田馬場ゲーセン・ミカド

 

 

毎夜行われる格闘ゲーム大会

ゲーセンミカドでは毎晩日替わりで格闘ゲーム大会を行っています、大会の参加料は200円と少ないですがこのイベントがゲーセンミカドの儲かるヒミツだったのです。このゲーム大会の様子は全国にネット配信されていて、地方や外国からもお客さんが大会に参加するためにやってきます。今では対戦型格闘ゲームの聖地とも呼ばれているそうです。

 

事前練習が儲かりのヒミツ

このゲーム大会自体で儲かるワケではなく、その大会に参加するために事前にゲームをやりこんでくれるので日々の売上が上がる事が真の目的です。レトロゲームに夢中になるのは子どもでは無く今では社会人となっている大人、ゲームに使うお金も多くなりますので利益も多くなります。

 

月商1000万円のワケとは?

この対戦型格闘ゲーム大会によってゲーセンミカドでは月に1000万円ほどの売上があるそうです。最近ではゲームセンターを廃業する方も多く、中古ゲーム機を格安で手に入れる事もできます。ゲーム機以外に投資する場所が無いので経費も抑えられるのでがっちり儲けているそうです。

 

感想&まとめ

毎晩大会を開いているというのはスゴイ作戦ですね、ネット配信されるので全国に良い所を見せたいゲーム上級者が集まるのも納得いく話ですね。ゲーセンミカドは昔からあるゲームセンターですが、周りの同業者が撤退する中で試行錯誤して生き残ってきた結果として今の盛り上がりに繋がったそうです。しつこくあきらめずに続ける勇気も時には必要なのかも知れませんね♪

2月4日放送のがっちりマンデー!!「儲かる!昭和ビジネス」で紹介された他のビジネスはコチラ

→がっちりマンデーで恵比寿横丁をプロデュースした浜倉的商店製作所を紹介!

→がっちりマンデーで食品自動販売機が話題の相模原ラットサンライズを紹介!

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデーで獺祭(だっさい)の旭酒造を特集!桜井博志会長が語る獺祭へのこだわりとは?

7月16日放送の「がっちりマンデー」では、今売れている日本酒 獺祭(だっさい)を製造販売している旭酒造を特集! 今回のゲストは旭酒造株式会社会長「桜井 博志」氏。 山口県の無名の酒蔵がどのようにして年 …

がっちりマンデーでアマタケのサラダチキンを紹介!鶏むね肉の皮を取って売上が3倍に!儲かる地味チェンジ!

7月1日放送のがっちりマンデー!!では「儲かる!地味チェンジ」を紹介! 例えば看板を変えたり、今までとは違う客層への新しいサービスをはじめたりなど、よく知っているお店や会社がちょっとだけ地味に変わって …

がっちりマンデーでキッチハイクを紹介!外国人からごはん会に方向転換!

9月17日放送の「がっちりマンデー!!」では「森永卓郎の儲かり情報はホント!?徹底検証!CM2のあとで」を特集! 森永さんが番組内のCM2のあとで毎週紹介する儲かり企業が本当に儲かっているかを徹底検証 …

がっちりマンデーでエストドッグを紹介!近くの病院を探して予約が可能!

11月12日放送の「がっちり!マンデー」では「儲かる!お店ネットワーク」という事でチェーンやフランチャイズでは無く小さいお店が集まってできたネットワークで儲かっている会社を紹介!最期に紹介されたのは「 …

がっちりマンデー!!滋賀県民は日帰り旅行好き?その県「だけ」の儲かりエンターテインメント!

7月9日放送の「がっちりマンデー!!」ではその県「だけ」の儲かりエンターテインメント!を紹介。 滋賀県民は日帰り旅行が大好きだそうです、そんな県民性に合わせた儲かっている施設2つが紹介されていました。 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク