時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

沸騰ワード10

沸騰ワード10で下甑(しもこしき)島を紹介!ジュラシックパークの島!

投稿日:2018年2月23日 更新日:

2月23日の「沸騰ワード10」の「ガイドブックに載らない沸騰島」では鹿児島県「下甑島(しもこしきしま)」を特集!東京から西に1000キロ、ジュラシックパークの島とも呼ばれている下甑島はここ2年間で観光客が45%もアップ、年間45000人の観光客が訪れる沸騰島です。

 

八尻展望台へ

早速展望台へ向かって島を一望すると、その風景は雄大な自然そのもの。島の80%は原生林で手つかずの自然が残っています、そして島のシンボルと呼ばれているのが「ナポレオン岩」。自然にできた岩ですが、どことなくナポレオンに似ていることからこの名がつけられたそうです。

 

瀬尾漁港で朝食

朝の港へ向かった沸騰ディレクター、ブリ・サバ・アオリイカなどの水揚げを手伝います。手伝いをしたご褒美に頂いたのは絶品の朝食、まずは焼っきり(やっきり)と呼ばれる調理法、バーナーでサバを炙る事で程よく脂が落ちてとても美味しくいただけるそうです。

また同じく出されたのがこれでもかと魚のアラを入れた特製のあら汁、そして先ほどのブリの焼っきりやあら汁に加えるのが島で愛されている「きのす」。だいだいを絞った果汁ですが、島民たちはこれが無いと食事にならないと言う位愛されている調味料だそうです。

 

下甑島の集落を満喫

その後巻割りをしていたお父さんに一番風呂に入れてもらったり、切り干し大根を干していたお母さんにお茶をご馳走になったりと、島の皆さんにお世話になった沸騰ディレクター。ここで判明したのは下甑島はUFOが良く目撃される島だという事。UFOハンターのお父さんに取材したところ空を飛ぶUFOらしきものが…、良く見てみると番組が用意したドローンでした。

 

下甑島のジュラシックパーク

その絶景スポットへは船で15分、断崖絶壁にある窪みから泳いで中に入ります。そこは青い海が広がる幻想的な光景、高さ200メートルを超す断崖絶壁と太古の地層がまるで恐竜時代にタイムスリップしたかのような絶景です。

さらに海底洞窟を進んでいくとそこに広がっていたのは青の洞窟、青の洞窟の中を泳ぐ魚の群れはまさに自然そのもの。都会に慣れ切っている人から見れば、まさに見たことのない絶景と世界観を味わうことが出来ます。

 

 

感想&まとめ

今回の沸騰島は鹿児島県の下甑島、Dr.コトーの舞台ともなった案外有名な島ですね。その魅力はやはり手つかずの自然が残る島、太古の時代から残っている風景が人の興味を惹きつけているのでしょう。ジュラシックパークも見てみたいですけど海の幸が本当に美味しそうなので、是非味わってみたいですね♪

2月23日放送の「沸騰ワード10」で紹介された他の内容はコチラ

→沸騰ワード10で伝説の家政婦「志麻さん」を田中律子が依頼!沖縄食材に苦戦?

 

-沸騰ワード10
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

沸騰ワード10で大友加恋がJALグランドスタッフのお仕事を初体験!

7月6日放送の沸騰ワード10「芸能人の発言を真に受けてオファー」では女優大友加恋さんがJALのグランドスタッフのお仕事を体験! 自身のブログに「航空業界で働きたい」とコメントをしている大度も大友さん、 …

蒙古タンメン中本が冷やし中華に挑戦!沸騰ワード10で試食会の様子を公開!

2017年7月21日放送の「沸騰ワード10」では蒙古タンメン中本が創業50周年を記念して発売する新作冷やし中華の試食会を公開! 蒙古タンメン中本と言えばご存知の通り激辛で有名なラーメン店。今回の冷やし …

沸騰ワード10で隠岐諸島西ノ島を紹介!乙姫御殿や摩天崖の絶景や島グルメのしゃくね巻きを堪能!

6月30日放送の沸騰ワード10「ガイドブックに載らない沸騰島」では隠岐諸島の「西ノ島」を特集! 口コミによると「断崖絶壁に囲まれた天上世界」、「日本海の海の幸天国」と呼ばれている西ノ島、ここ数年で観光 …

【沸騰ワード10】丘みどりの愛読書は焼肉のすべて?持田香織と東京最強大衆焼き肉店へ!

9月21日放送の沸騰ワード10は「大衆焼き肉愛…丘みどり34歳の異常な食生活」第2弾。 以前の放送で大衆焼き肉愛を披露した紅白歌手の丘みどりさんに、今回も沸騰ディレクターが密着。 ちなみに丘さんがお店 …

沸騰ワード10!葵わかなのスンドゥブ愛に密着!韓国一人旅の悲しすぎる結末とは?

7月20日の沸騰ワード10では「辛い物が苦手なのに激辛スンドゥブに取り憑かれた葵わかな20歳」を特集! 辛い物が苦手なのになぜか激辛スンドゥブにハマってしまった、朝ドラ女優葵わかなが憧れの本場韓国の激 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク