時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

がっちりマンデー!!

がっちりマンデー!!ファミマが経営統合でコンビニ業界トップを狙う!

投稿日:2017年6月25日 更新日:

6月25日放送のがっちりマンデーではサークルKサンクスと経営統合を果たしてコンビニ業界2位に躍進したファミリーマートが紹介されました。

業界地図を大きく塗り替えたこの出来事によってこれからのコンビニ業界はどうなるのか?

統合の裏には表面からでは計り知れない従業員の苦労もあったようです。

 

コンビニ業界店舗数

2016年2月末時点での統計によると

1位 セブンイレブン 18,572店舗
2位 ローソン 12,395店舗
3位 ファミリーマート 11,656店舗
4位 サークルKサンクス 6,350店舗

でしたが、サークルKサンクスとの経営統合によりファミマの店舗数は18,006店舗となり業界第2位の座を獲得することになりました。

 

澤田貴司社長が登場

昨年9月にファミマの社長に就任した澤田貴司(さわだたかし)社長が番組ゲストとして登場!格好良い方ですね、さすが出来る人にはオーラを感じます。

伊藤忠商事やユニクロでおなじみのファーストリテイリング副社長などを歴任されてきた方だそうです。

サークルKサンクスとの経営統合に併せてファミマや伊藤忠から経営を頼まれたとの事です。

 

コンビニで売れると儲かる商品とは?

コンビニで売れると一番儲かるのは「中食(なかしょく)」。

「中食」とはおにぎり、サンドイッチ、お弁当などの事を指しますが、メーカーからの仕入れではなく自前で製造して自前のブランドで販売するので利益率が高くなります。

そんなファミマの中でも一番売り上げに貢献しているのがレジ横にあるホットスナックコーナーにある「ファミチキ」。

2006年の発売以来、10年間で累計10億個を売り上げているそうです、1個180円(税込)ですから、大体1,800億円くらい儲かった事になります、ファミチキ恐るべし!

サークルKサンクスで販売していた看板商品の焼き鳥もファミマブランドとして6月27日に発売されるそうですが、番組内ではその開発風景が放送されていました。

番組内では焼き鳥を試食した加藤浩次さんもその味に驚いていたほどの出来栄えだそうです。厳しすぎるとも思える商品開発の裏側にファミマの決意を感じました。

 

今、一番元気なのはサンドイッチ

ファミマで今、一番元気なのがサンドイッチ。

今年3月のリニューアルで1週間で600万個の売り上げをあげ、今も前年の2割増しで売れ続けているそうです。

そんなサンドイッチを変えたのは「丸刃スライサー(まるばすらいさー)」の導入。出来立ての柔らかいパンでも切る事ができ、口当たりをなめらかにすることが可能。

いままでよりも柔らかいパンでサンドイッチを作ることが可能になったことが消費者に受け入れられているのでしょう。

 

業務効率も大事!お店の時間を減らす会議

澤田貴司社長が先頭に立って作ったのが業務改革推進グループ。

お店の販促ツールを掲示する作業時間などを実際に計ってツールを削減したり、業務マニュアルを図やマンガにして解りやすくしているそうです。

従業員の確保が難しくなっている現在、より効率的に業務を行う事で人員不足を補うという意味合いもあるようです。

コンビニのレジで並ぶのは嫌ですよね、時間がないからコンビニで買うわけですから。

 

サークルKサンクスとのブランド統合の現場

今回の経営統合は全ての店舗をファミマにしてしまうという方針。

店舗の改装にも費用がかかるそうですが、フランチャイズで経営している方が費用を負担しているのでしょうか?

ネットで調べてみたら改装費用も休業中の人件費も本部が負担してくれているそうです、負担増で店舗が減ってしまったら業界トップなど狙えないですからね。

一番大変なのは現場の従業員。

新しいサービスが増えたり、レジ操作も全く異なります。サークルKサンクスでは会計時にかける言葉が「ありがとうございます」でしたが、ファミマでは「ありがとうございました」に変えなければならないそうです。

正直どちらでも良いとは思いますが、ブランドを築き上げていくというのはそういう細かい部分も意識しなければならないという事でしょうか。

サークルKサンクスからファミマに変わったお店は品揃えやサービスも増えて結果的にはサークルKサンクスだった頃よりも売り上げが上がっているそうです、統合は上手くいっているようですね。

 

感想&まとめ

サークルKサンクスと経営統合を果たして業界第2位となったファミリーマート。

18,000店舗のメリットを活かして様々な戦略で業界トップを狙っていくと思います。

今回のがっちりマンデーではその努力の一端を垣間見ることが出来ました。

しかしながら規模が大きくなればなるほど、細かい部分まで手が回らなくなるのも現実。今までと変わらぬ、いや今までよりも良いサービスを期待しています♪

 

-がっちりマンデー!!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっちりマンデー!棚卸しのエイジスを紹介!数えるのではなく捉える?

10月7日放送のがっちりマンデー!!では「儲かるよるビジネス」を特集。 夜だからこそできる儲かりビジネスで紹介してくれたのは棚卸専門の会社、株式会社エイジスです。   目次1 株式会社エイジ …

がっちりマンデー!アパホテルが選ばれる理由と稼働率100%超えの戦略とは?

4月29日放送のがっちり!!マンデーでは「アパホテル」を特集!全国に447棟、客室総数7万5千室、年間売上1160億円という巨大ホテルチェーンのアパホテル。 驚くべきはその稼働率の良さ、普通のホテルで …

がっちりマンデーで天童市の将棋駒ストラップを紹介!ふるさと納税のおまけが大ヒット!

11月19日放送の「がっちりマンデー!!」では「お役所ヒーロー」を特集!グッドアイデアで儲かっていない町を救った公務員の方達を紹介してくれました。2番目に訪れたのは山形県天童市、将棋の駒作りで有名なこ …

がっちりマンデーで自律非行型ドローンのラピュタ・ロボティクスを紹介!

12月17日放送の「がっちりマンデー!!」では「儲かる外国人社長」を紹介!日本人がつい見逃してしまう日本の会社の強みを見抜いて、島国日本で起業した儲かっている外国人社長にスポットを当てていきます。最後 …

がっちりマンデーでMS&Consultingを紹介!サービス業の覆面調査で日本初の上場!

6月3日放送のがっちりマンデー!!では年に一度の人気企画「僕たち上場しました!2018」を特集! 昨年新規上場を果たした会社は96社、その中で昨年10月にマザーズ上場を果たしたサービス業の覆面調査会社 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク