時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

この差って何ですか?

この差って何ですかでカンタン便秘解消法!食事の間を空ければ腸が活発に!

投稿日:2017年11月28日 更新日:

11月28日放送の「この差って何ですか?」では多くの女性が悩む「便秘」について解説!「便秘」になりやすい原因としては加齢やストレスによって腸の動きが悪くなるのが一番の原因です。お通じの良い人と悪い人の差はズバリ「腸の大ぜん動」が関係していました!腸の動きを活発にすることによって便秘の悩みを明日から解消しましょう!

 

年とともに増える便秘の悩み

厚生労働省のデータによると年齢が上がるにつれて女性の便秘に悩む方が増えているようです、平成28年のデータによると60代以上の女性の6人に1人は便秘に悩まされているとの事でした。便秘がひどくなると肌荒れやむくみ、さらには腐った便が大腸に詰まって大腸の破裂という重大な疾病を引き起こす事にもなってしまいます。

 

加齢やストレス以外にも便秘の原因が

お通じの良い人と悪い人の差は「腸の動き」にありました。お通じが良い人では腸の「大ぜん動」が起こっており、悪い人には「大ぜん動」じは起こらない事が原因となっていました。腸は常に「ぜんどう運動」といって大腸が便をゆっくりと肛門へ動かしていく運動が行われています、それに対して「大ぜん動」とは「ぜんどう運動」に比べて約200倍ものスピードで便を肛門に向けて押し出す運動の事を指します。お通じが良い人はこの「大ぜん動」が一日に一回は起きていて、便が溜まることなくスムーズに排出する事ができるといいます。では「大ぜん動」を起こすためには何が必要なのでしょうか?

 

食事と食事の間を8時間空ける

「大ぜん動」を起こすための方法は「食事と食事の間を8時間空ける」という事です。「大ぜん動」を起こす条件とは胃と小腸に何もない状態で大腸だけに便が溜まっている状態を作る事、食べ物を食べると胃で3時間、小腸で5時間かけて消化されるので食事と食事の間を8時間空けないと「大ぜん動」の条件を満たす事ができないのです。

 

オススメの食生活スケジュールは?

夜の7時から夕食を摂り始めて8時までには食べ終わるようにします、その後11時に就寝すれば朝の4時くらいに「大ぜん動」が起こる事になります。さらに目覚めた時にコップ一杯のお水を飲む事でさらに大腸が刺激されて良いお通じを得ることが出来ます。食事と食事の間を8時間空けるといってもお水を飲むくらいは問題ないそうです。

 

感想&まとめ

食事と食事の間を8時間空ける→腸で「大ぜん動」が起こる→通常の200倍のスピードで便が排出される、という事になります。便が溜まってくるとお腹が張って食欲も無くなって気持ちもどんどん塞いでいきます、食生活を見直して快便を促す事によって健康的な毎日を送りましょう♪

 

-この差って何ですか?
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この差って何ですか?納豆には生卵よりも牛乳?栄養を逃がさない食べ方の差!

4月24日放送のこの差って何ですか?では「栄養効果を得られる納豆の食べ方の差」を詳しく解説!日本人が良く食べる発酵食品の第1位は納豆、しかしそんな栄養たっぷりな納豆でも食べ方次第では十分に栄養をとる事 …

この差って何ですかでファスナー・チャック・ジッパーの呼び方の差を解説!

9月5日放送の「この差って何ですか?」では外国人が分からない日本の差でチャックとファスナーの差を解説! 服や靴、鞄や財布に付いている金属の留め具、アナタは何と呼びますか? ある人は「チャック」、また別 …

この差って何ですか?ストレス・風邪・傷に関する昔と今の健康常識の差!

9月25日放送のこの差って何ですか?では「昔と今の健康常識の差」を紹介。 昔の健康常識では「1日30品目食べる」、「早朝の運動は健康に良い」と言われていましたが、健康が進みそれらの健康常識は間違いだっ …

この差って何ですか?了解と承知、十分と充分?日本語の使い分けを紹介!

3月13日放送の「この差って何ですか?」では新企画「この差日本語辞典」を解説!日本語の使い分け方って難しいですよね、卵と玉子・十分と充分・天候と天気・了解と承知は一見同じシチュエーションで使うと思いが …

この差って何ですかで冷え症解消のためにはシナモンと正座が効果的!

12月5日の「この差って何ですか?」では「手足や足先が冷えやすい人とそうでない人の差」を解説!冷え症に悩む人の数は女性で8割、男性で4割と男女に関わらず冷え症に悩む方は多いそうです。そんな冷え症に悩む …

スポンサーリンク
スポンサーリンク