時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

沸騰ワード10

沸騰ワードで喜界島を特集!イソバナロックや蝶で有名な喜界島の魅力とは?

投稿日:2017年11月3日 更新日:

11月3日放送の「沸騰ワード10」で「ガイドブックに載っていない沸騰島 喜界島」を特集!今回調査するのは奄美群島にある喜界島、人気の離島ランキング4位にも入っている喜界島の魅力に迫ります。東京から飛行機とフェリーを乗り継いで15時間、フェリーは夕方の5時30分の一便しか出ていないので朝4時30分にやっと喜界島に上陸です。

 

展望台から朝日を拝む

展望台から朝日と共に喜界島の全貌を見渡します。展望台がある場所は百の台台地(ひゃくのだいだいち)、この場所からは喜界島の全体を見渡すことが出来ます。人口約7200人で主な産業は農業、見渡す限りのさとうきび畑が広がる中に敷かれた道路は「シュガーロード」と呼ばれその長さは全長3kmにも及びます。

 

ハワイビーチ

沸騰リポーターによると「岩場がごつごつしていてハワイっぽいっちゃあハワイっぽい」場所だそうです(笑)。ハワイのように思えるこのビーチの正式名称は「スギラビーチ」、近所の方々がランチに訪れる憩いの場所となっています。ここでは全身が白い珍しいスナガニというカニを見ることが出来るそうです。

 

滝で遊ぶ子供たち

集落を調査していると「遊びに行く」という子供を見かけたので一緒についてくとその先にあったのは滝、10月なのに水遊びという南の島ならではの光景です。最近子どもたちの間で流行っているのはただただ滝に打たれるのを我慢する遊びだそうです、島の子供だけあって遊びがアクティブですね、本当に。
また、道を歩いていると路肩に何やら草らしきものがたてかけてあります。この草の正体は「ゴマ」、現在日本に流通しているゴマの99%は外国産ですが喜界島では貴重な国産のゴマを栽培している事で有名です。その価格は1kgあたり12000円といいますから最高級のゴマと言っても過言では無いでしょう。

 

蝶に超注意という看板

別名「蝶の島」と呼ばれるくらいに珍しい蝶を見ることが出来るのが島にある「蝶々ロード」というスポットです。「蝶に超注意」というのは蝶に危害を加えられるのではなく、蝶を踏みつけないように注意が必要という事で看板が立てられています。海を越えて日本中を縦断する「アサギマダラ」や金色のサナギが美しい「オオゴマダラ」など、珍しい蝶を見ることが出来ます。

 

十五夜も集落の皆でお祝い

丁度リポーターが島を訪れた時期は十五夜が見れる時期でした。旧暦を大事にする喜界島では島のみんなでお祝い事を行います。十五夜で行われたのは伝統行事である「綱引き」、綱が切れた時が豊作に繋がると言う昔からの言い伝えを信じて勝負がつく前に綱を切ってしまうという斬新なお祝いでした。

 

現在の世界最高齢者は喜界島在住

現在、世界最高齢で最後の19世紀生まれと言われる方が喜界島に住む「田島ナビ」さんです。御年117歳、親戚の数も160人を超えると言う超大家族です、ひ孫や玄孫(やしゃご)の後に来る来孫(らいそん)という聞いたことのない世代までもが実在していました。1800年代最期の存命者と聞くとものすごい感じがしますね。

 

イソバナロック

こちらが南の島で見れる樹氷と話題になっている観光スポットですが、水深40mにあるものなので普通の観光ではまず見ることが出来ない幻の光景です。その正体はイソバナと言われるサンゴの仲間、水深40m付近にイソバナが密集していてあまりにもその姿が美しい事から「イソバナロック」という名がつけられました。近づいて見ると秋の紅葉のように見えて、少し離れてみると冬の樹氷のようにも見えるというとても美しいサンゴです、水深40mとなると一般の方では見る事はちょっと難しいかもしれませんね。

 

感想&まとめ

今回の沸騰島は奄美群島にある「喜界島」でした。今まで紹介されてきた島に比べると観光スポットはそれほど多くないとは思いますが、南の島らしいおだやかな島の方々の優しさが溢れていました。特に子供たちの表情が素晴らしいですね、あんな島で幼少時代を暮らした子供たちはなにか一生正直に生きていくんだろうなという感じさえ受けました。東京から約15時間という高いハードルがありますが、いつかは行ってみたい島リストに加えておこうと思います♪

 

11月3日放送の「沸騰ワード10」で紹介された他の内容はコチラ

→沸騰ワード10で伝説の家政婦「志麻さん」が小倉優子と対決!3時間で何品作れるか?

 

-沸騰ワード10
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沸騰ワード10で激辛愛の高橋真麻が父英樹のニラソバ愛を暴露!その裏側に隠された家族愛とは?

6月15日放送の沸騰ワード10では人気コーナー「解禁!取り憑かれた芸能人SP」を特集! 今回の取り憑かれた芸能人は高橋真麻&高橋英樹親子、真麻さんは激辛・ラウンジなど様々なものに取り憑かれていますが、 …

沸騰ワード10でトカラ列島の中之島を紹介!日本最後の秘境の魅力とは?

12月1日の「沸騰ワード10」の「ガイドブックに載らない沸騰島」ではトカラ列島にある日本最後の秘境「中之島」を特集!東京から1100キロ、唯一の交通手段はフェリーでしかも月曜日と金曜日しか出発しないと …

沸騰ワード10でラウンジの達人高橋真麻が見せるANAラウンジ攻略法とは?

7月28日放送の「沸騰ワード10」でフリーアナウンサー高橋真麻さんがANAラウンジでの過ごし方を公開! 海外へ行くときはいつもラウンジを利用するという真麻さんには独自の攻略法が存在。 広いラウンジの中 …

沸騰ワード10で「与論島(よろんじま)」の魅力を紹介!百合が浜・ハーレー・ピャースー・ハミゴーなど見所が一杯!

8月11日放送の「沸騰ワード10」では「ガイドブックに載らない沸騰島」で「与論島(よろんじま)」を特集! 東京から8時間、鹿児島県にある与論島。奇跡の絶景の百合が浜・ハーレー・ピャースー・ハミゴーなど …

沸騰ワードで佐渡島にあるラピュタを紹介?北沢浮遊選鉱場跡は世界遺産に申請中!

10月20日放送の「沸騰ワード10」で「ガイドブックに載っていない沸騰島 佐渡島」を特集! 今回調査するのは新潟県佐渡島。人気の離島ランキング5位にも入っている佐渡島の魅力とは?東京から新幹線で2時間 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク