時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

得する人損する人!

得する人損する人!パン粉を使えば3時間でぬか漬け風?面倒な料理がラクチン技を紹介!

投稿日:2017年7月27日 更新日:

7月27日放送の「得する人損する人」では「面倒な料理がラクチン技」を紹介!

その中でも「パン粉を使ったぬか漬け風」野菜をピックアップ。

時々無性に食べたくなる「ぬか漬け」。家庭にあるパン粉を使えばたった3時間で本格的なぬか漬けが楽しめます!

 

パン粉を使った野菜のぬか漬け風のレシピ

ぬか漬けと言えば家庭で作るためには毎日ぬか床を混ぜて腐らないようにして野菜をつけますが、野菜に味が入るのには最低でも半日は必要です。

しかしここで超!時短得ワザ!家庭にある「パン粉」を使えばぬか床が無くても3時間でぬか漬け風の野菜を味わうことが出来るんです!

手順はコチラ…

[材料]パン粉、塩、砂糖、お好みの野菜(今回はキュウリで実践)

【1.板ずりをする】
・キュウリに塩をまぶしてまな板の上で転がします、表面に傷ができて味が染み込みやすくなります

【2.保存用密閉袋に塩・砂糖・パン粉を入れてよく混ぜる】
・塩 小さじ1/2、砂糖 大さじ 1/2、パン粉を入れて密閉袋の中でよく混ぜ合わせます

【3.キュウリを入れてもみこむ】
・塩を洗い流したキュウリを入れて味が全体になじむようにもみこみます

【4.冷蔵庫で3時間寝かす】
・3時間以上つけると味が濃くなりすぎるので注意が必要です

これで出来上がりです!

番組内では普通のぬか床に漬けたキュウリと得ワザで漬けたキュウリを比較していましたが、ぬか床よりも断然早く味が漬かるそうです。

 

パン粉でぬか漬けの注意点!

・3時間以上漬けない!(味が濃くなりすぎます)

・一度使ったパン粉は使わない(パン粉に雑菌がつくので1回しか使えません)

・乾燥パン粉が無い場合はパンをおろした生パン粉でも大丈夫

あらゆる野菜に使えるのでちょっと野菜を食べたいときにはもってこいの得ワザです!

 

なぜ?パン粉で野菜がぬか漬け風に?

パン粉にはぬか床と同じく野菜を発酵させる酵母が豊富に含まれています。

しかも発酵を促すでんぷん量はぬかに比べて1.5倍もあります。

という事で普通にぬか床に野菜を漬けるよりも早くぬか漬け風の野菜ができるのです!

 

感想&まとめ

番組内では漬物屋のご主人も美味しいといってパン粉ぬか漬け風野菜を食べていました。

ヨーグルトに漬けるとぬか漬けができるのは知っていましたが、まさかパン粉でも同じ効果があるとは…しかも漬かるのが早い!

スーパーなどでキュウリのぬか漬けを見ると無性に食べたくなってしまうのですが、このレシピがあれば自宅で気軽にぬか漬けを味わうことが出来ますね。

最近野菜不足が気になっているので、気軽に野菜を摂取できる良いレシピだと思いました♪

 

-得する人損する人!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

得する人損する人!大根おろしの辛味はおろし方で変わる?料理によって最適なおろし方を紹介!

8月10日放送の「得する人損する人」では「大根おろし」の辛味を抑えるおろし方を紹介! 同じ大根おろしでも脂っこい料理やおそばには辛い大根おろし、卵焼きや天ぷらなど素材の味を味わいたいときには辛味が少な …

得する人損する人で布団カバーの早付けワザや洗濯機のカビ防止法を紹介!

9月28日の「得する人損する人!」で「角界一の家事ダメ部屋!武蔵川部屋に潜入!布団カバーの早付けや洗濯機のカビ汚れを解決!」。 若手力士ばかりで掃除が苦手な武蔵川部屋の若い力士達。 そんな力士達に対し …

得する人損する人!絶品のナスの揚げびたしで作る冷やし中華のレシピを元公邸料理人が披露!

8月10日放送の「得する人損する人」ではフランス・ストラスブール総領事館の元公邸料理人でもある西麻布にある「サルドゥマキノ」オーナー「牧野雄太(まきのゆうた)」が冷やし中華のレシピを紹介! 絶品の「ナ …

得する人損する人で小林シェフがおでんのリメイクレシピに挑戦!小林語録も炸裂!

1月11日の「得する人損する人!」で放送された「シェフなんとかして」ではイタリアンの鬼才小林幸司シェフがおでんのリメイクレシピに挑戦!和風のおでんを絶品のイタリアンに仕上げる小林シェフの腕前とその独特 …

得する人損する人でカレーのリメイクレシピを鬼才小林シェフが紹介!

9月7日の「得する人損する人!」では「一流シェフが残ったカレーをリメイク」を放送! リメイクするのは前回も余った味噌汁を使って焼きリゾットのレシピ紹介してくれたイタリアンの鬼才「小林幸司」シェフ。 料 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク