時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

たけしの家庭の医学

たけしの家庭の医学!ホエイで高血糖を予防!ヨーグルトは食前に食べるのがオススメ!

投稿日:

8月14日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では「ホエイの高血糖予防効果」を解説。

高血糖の状態が長く続くと血流が悪くなって心筋梗塞や脳梗塞、さらにガンや認知症のリスクも高まります。

そんな高血糖を予防する効果が期待できる食材が「ホエイ」、チーズを作る際にできる上澄み液の事を指しますが、身近な食材で言うとヨーグルトの上澄み液も「ホエイ」に含まれます。

 

「ホエイ」が高血糖を予防する理由

「ホエイ」にはナトリウム、カリウム、カルシウムなど様々な栄養素が含まれています。

そのうち血糖値を予防する効果がある栄養素はたんぱく質、「ホエイ」に含まれている乳清たんぱくが小腸を刺激してインスリンの分泌を促すホルモンを増加させてくれます。

インスリンが多く分泌されることにより体内での糖の分解が進み、高血糖を予防する効果に期待ができるとの事です。

 

食後の血糖値の上昇が危険

普段は血糖値が正常な方でも、食事を摂った後に急激に血糖値が上がってしまう事があります。

そもそも食事を摂れば血糖値は上昇していくものですが、普通の場合はインスリンの分泌によって血糖値はだんだん下がっていきます。

しかし加齢などによってインスリンの分泌が少なくなると、食事後の血糖値の上昇を抑える事ができなくなり、動脈硬化などのリスクが高くなってしまいます。

 

食前にヨーグルトを食べるのが最適

食前にヨーグルトを食べた場合と、食後にヨーグルトを食べた時の血糖値の上昇を比較実験、100gのヨーグルトを食前と食後に食べて血糖値の上昇具合を測ります。

・ヨーグルト無し…食後90あたりから161まで上昇

・食後にヨーグルト…食後91から140まで上昇

・食前にヨーグルト…食後94から130まで上昇

食前にヨーグルトを食べた方が血糖値の上昇がゆるやかになり、最高値も低いという結果になりました。

理由としては早めに「ホエイ」の乳清たんぱくを摂る事でインスリンが早く分泌され、血糖値の上昇を抑えてくれた事が考えられるそうです。

 

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012

 

感想&まとめ

ヨーグルトを食べる事で血糖値の上昇を抑える事ができ、さらに食前にヨーグルトを摂る事で高血糖を予防する効果はもっと上がるという事でした。

食事をする前に100gのヨーグルトを食べるだけで血糖値の上昇を抑えられるなら簡単です、高血糖は血管をボロボロにしてしまう怖い状態、普段の食事から気を付けたいものですね♪

 

-たけしの家庭の医学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心臓老化たんぱく質「アンジオポエチンL2」は座りすぎで増える!たけしの家庭の医学で解説!

4月3日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では「」を特集!心筋梗塞のリスクを上げる「心臓老化物質」の正体と対策を紹介、食物から摂取したたんぱく質は体内で再構成されて様々なたんぱく質に生まれ変わり …

「細胞のアンテナ」を伸ばして「健康寿命」アップ!最強食材「EDN」は「子持ちシシャモ」に!たけしの家庭の医学で紹介!

7月27日に日本人の「平均寿命」が発表されました、それによると男性80.98歳、女性87.14歳。 それに対して健康に毎日を過ごせる指標「健康寿命」と比べると男性71.19歳、女性74.21歳。 「平 …

たけしの家庭の医学で内臓脂肪を減らす海藻アカモク(ギバサ)を紹介!

9月26日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では「内臓脂肪をへらす科」を特集! 内臓脂肪が溜まりすぎると高血圧や高血糖による動脈硬化のリスクが高まります。 番組内ではそんな内臓脂肪を劇的に減 …

たけしの家庭の医学で内臓脂肪を減らすBAT細胞を増やすサバ缶の玉ねぎマリネのレシピを紹介!

6月26日放送の名医とつながる!たけしの家庭の医学では内臓脂肪を減らすBAT細胞を増やせるサバ缶の玉ねぎマリネのレシピを紹介! 内臓脂肪を減らすには食事制限や運動などのダイエットが必要となりますが、な …

スポンサーリンク
スポンサーリンク