時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

この差って何ですか?

ぜんざいは粒あん!おしるこはこしあん!この差って何ですかで解説!

投稿日:

1月23日放送の「この差って何ですか?」では「ぜんざい」と「おしるこ」の差を解説!粒が残ったあんこにお餅が入った料理の写真を東京で見せたところ「おしるこ」と答えた方が50人中47人、大阪では50人中全員が「ぜんざい」と答えました。同じ料理でもなぜ関東と関西では呼び方が違うのでしょうか?

 

京都二年坂 かさぎ屋

このお店は「ぜんざい」と「おしるこ」の両方の料理を提供しています、実際に料理を見てその違いを探っていきます。最初に出てきたのは「ぜんざい」、粒あんの汁にお餅が入っています。そして問題の「おしるこ」はこしあんで作った汁にお餅が入っている料理。店主によると関西では粒あんのものを「ぜんざい」、こしあんで作ったものを「おしるこ」と呼ぶのが一般的だそうです。

→かさぎ屋 (かさぎや) – 祇園四条/甘味処 [食べログ]

 

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは生まれた成り立ち

かさぎ屋店主の早川さんによると、「ぜんざい」と「おしるこ」では成り立ちが全く違うのがその理由だそうです。2つの料理のうち最初に生まれたのは「ぜんざい」、その起源は室町時代の出雲の国で行われていた「神在祭(かみありさい)」で粒が残った小豆の汁にお供え物のお餅を入れて食べたのが始まりだと言われています。

その料理は「神在餅(じんざいもち)」と呼ばれて大変好評だったそうですが、出雲の国の人はなまりが強かったそうで他の国の人が料理名を聞いた時に「ぜんざい餅」と聞こえてしまったそうです。この事から粒が残った小豆の汁にお餅を入れる料理が「ぜんざい」として定着していったのです。

 

「おしるこ」の起源は?

おしるこが生まれたのは江戸の中期、江戸に砂糖が出回るようになった事により誕生しました。砂糖が使えるようになった江戸では小豆の粉で作った汁にお餅と砂糖を入れた料理「おしるこ」が考え出されました、小豆の粉で作った汁だから「汁粉」というワケです。

その後、屋台で「汁粉」を出すお店が増えてきました。粒あんで作った「汁粉」を「田舎汁粉」、こしあんで作った「汁粉」を「御膳汁粉」として出したところ江戸の町で一気に広まっていったそうです。このこしあんで作った「御膳汁粉」が関西でも話題になったことから「おしるこ」という言葉が関西にも普及していきました。そのような理由で関東では粒あんもこしあんも「おしるこ」、関西では粒あんは「ぜんざい」」、こしあんは「おしるこ」と言う呼び方が定着していったとの事です。

 

感想&まとめ

言われてみれば「ぜんざい」と言う呼び方はあまり関東では使いませんね、「粒あんのおしるこ」か「こしあんのおしるこ」という区別をしてしまいます。とりあえず呼び方はどうあれ小豆の汁にお餅が入った料理はやっぱり美味しいと言う事でまとめてみたいと思います♪

 

-この差って何ですか?
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「この差って何ですか」で熨斗(のし)を付ける時と付けない時の差を解説!

3月6日放送の「この差って何ですか?」では「贈り物に熨斗(のし)を付ける時と付けない時の差」をクイズ形式で出題!贈り物を買う時に店員さんに「熨斗は付けますか?」と聞かれて、熨斗を付けたら失礼に当たるの …

この差って何ですか?ナッツの種類による健康効果!アーモンド入りチョコレートで便秘解消!

  7月24日放送のこの差って何ですか?では「栄養満点!ナッツの種類による健康効果の差」を解説! 最近人気が高まっている「ナッツ」、その健康効果をより多く得ることが出来る食べ方を紹介してくれ …

この差って何ですか?プチトマトはミニトマトの品種の一つ?リコピンは加熱調理で!

6月19日放送のこの差って何ですか?では「ミニトマトとプチトマト」の差を紹介! 町行く人にインタビューを行ったところ、小さいトマトの事を「ミニトマト」と呼ぶ人と「プチトマト」と呼ぶ人はちょうど半分くら …

この差って何ですかで冷え症解消のためにはシナモンと正座が効果的!

12月5日の「この差って何ですか?」では「手足や足先が冷えやすい人とそうでない人の差」を解説!冷え症に悩む人の数は女性で8割、男性で4割と男女に関わらず冷え症に悩む方は多いそうです。そんな冷え症に悩む …

この差って何ですか?で遺産相続の差!遺留分制度と相続税がかかる金額とは?

5月15日放送のこの差って何ですか?では「遺産相続でもめる人ともめない人の差」を解説! 日本における遺産相続の裁判件数は年間12000件以上、一日で33件以上も起きているという計算になります。遺産相続 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク