時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

鉄腕DASH

鉄腕DASH!グリル厄介でウシガエルをスペイン料理に!アヒージョ・チリンドロン・カタルーニャ風!

投稿日:

6月17日放送の鉄腕DASHではグリル厄介でウシガエルをスペイン料理にアレンジ!

向かったのは日本最後の清流、高知県四万十川。日本古来の生き物が生息するこの地を荒らす外来種の正体はウシガエル、全長30cm、最大800gもある超大型の厄介者です。

 

まずはウシガエルを捕獲!

ウシガエルを捕獲するために訪れたのは「トンボ自然公園」、74種類のトンボを保護する湿地帯です。

辺りを探しているとアメリカザリガニを発見、アメリカザリガニは元々ウシガエルの餌として持ち込まれた外来種なので近くにウシガエルがいる可能性が高まります。

早速てづかみで400gクラスのウシガエルを捕獲、さらに長瀬さん得意の釣りで300gのウシガエルの捕獲に成功しました。

 

フェルミンチョ

西麻布にあるスペイン料理のお店です、カエルを全く調理したことが無いシェフにお願いしてスペイン料理にアレンジしてもらいます。

まずはカエルを捌いて肉だけをそのまま焼いて味見、スペインでは一般的な食材のウサギの肉に似ているが、柔らかさは魚の白身とウサギの肉の中間くらいだそうです。

→フェルミンチョ (FERMiNTXO) – 六本木/スペイン料理 [食べログ]

 

ウシガエルのアヒージョ

たっぷりのオリーブオイルでカエルの淡白さを補い、ドライトマトと生ハムで仕上げたアヒージョです。

長瀬さんが食べた感想は食感は鶏肉とミノの中間くらい、肉にクセが無いから細かい味までわかりやすいとの事でした。

料理に合うだろうという事でシェリー酒も一緒にいただきました。

 

 

ウシガエルのチリンドロン

チリンドロンとは鶏肉と野菜などをトマトで煮込んだスペイン北部の定番料理、通常は鶏肉で作りますが今回はウシガエルのもも肉を使います。

玉ねぎ・パプリカ・塩ハム・トマトソースを煮込んだものに、一度焼いて旨味を閉じ込めたウシガエルのもも肉を加えて煮込みます、最後に骨から身を外してもうひと煮込みさせれば完成です。

こちらの感想もウシガエルの肉にクセが無いから味が染み込みやすいとの事でした。

 

 

ヤリイカで包んだウシガエルのカタルーニャ風

通常は豚肉をヤリイカで包むスペインの伝統料理を、残ったウシガエルの肉をミンチにして作った一品です。

ミンチにしたウシガエルの肉をミンチにしてゆで卵と混ぜ合わせてボリューム感を出していきます、その後ヤリイカで包んで魚介出汁などを入れたスープで煮込みます、仕上げにアニス酒を加えれば完成です。

イカの食感とのギャップが面白く、タレが染み込んでいてとても美味しいとの事でした。

 

 

感想&まとめ

元々は戦後の食糧危機を救うために持ち込まれたウシガエルですが、今では日本の生態系を荒らす厄介者となってしまいました。

日本にカエルを食べる習慣が無いのであまり食べる気がしないだけで、実際捌いたお肉は料理すればかなり美味しそうなお肉でした。

ウシガエルをわざわざ獲って来て食べようとは思いませんが、料理屋さんのメニューにあれば食べてみたいレベルですね♪

 

-鉄腕DASH
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鉄腕DASH!東京でカブトムシ探し?太一&ニノがオランダ大使館へ!

8月19日放送の鉄腕DASH!では新宿DASH夏休み特別編「大都会・東京23区でカブトムシを探せるか?」。 虫を触る事ができない嵐の二宮さんのために、国分さんが都内でカブトムシ探しに奮闘!大都会東京の …

鉄腕DASH!段ボール製自転車「ダンボロン」で東かがわ市のご当地PRに挑戦!

7月1日放送の鉄腕DASHでは、城島リーダーと関ジャニ村上さんが香川県東かがわ市のご当地PRに挑戦! 香川県東かがわ市の名物は、最高級砂糖の和三盆、国内シェアの90%を占める手袋、そして湿布薬など、様 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク