時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

未分類

所さん大変ですよで○○ハンターで一攫千金を特集!段ボールの財布が1万円で売れる?

投稿日:

12月14日放送の「所さん!大変ですよ」ではあるものを獲って一攫千金を成し遂げた3組のハンターを紹介!解体される古民家から古材(こざい)を、段ボールを集めて財布、クラゲを獲って一攫千金など、アイデアひとつで勝負するハンターたちの姿を取材します!

 

ボロボロの古材で年商1億円

京都市にすむ小畑さんは1年前から古材(こざい)を集めて商売をしています、その年商は億単位というまさに古材ハンターです。最近のカフェやレストランではアンティークな雰囲気を出せる古材が大人気!京都で解体される古民家から古材を探し出して全国のカフェやレストランなどに古材を販売しています。

番組内では大正時代に建てられて15年ほど空き家になっていた建物の解体を取材、床の間の地板や天井から出てきた梁が300~400万円で売れるというお話でした。最近では古材を買取する業者がどんどん増えているというお話だったので新規参入するのであれば今がチャンスかも知れません。

 

元手0円で大もうけ!ゴミがお宝に

世田谷区で見つけた大量の段ボールを抱えた男性が段ボールハンターの島津さんです。段ボールで儲けると言っても古紙回収業者ではありません、集めた段ボールで財布などの小物を作って儲けているそうです。そうなると買う人の事が気になりますが日本語が書いてある段ボールの財布は外国人に人気、さらに日本人の方も段ボールのロゴとデザインに惹かれて購入する方が多いようです。

 

海のやっかいモノで1時間で100万円

福井県鮎川市で見つけたのはクラゲハンター、週3回に1時間ほどクラゲを捕獲して多い時であれば一度に1000匹も捕獲できるそうです。クラゲの価格は大体1匹1000円ということですから、うまくいけば1時間で100万円の売上があがる計算になります。

クラゲを買うのは主に水族館、現在では全国15ヵ所の水族館と取引があるようです。しかもクラゲは寿命が短く約1年で死んでしまいます、水族館はその度に入れ替えをしなければならないので需要が減る事はあまりないそうです。

最近ではクラゲに含まれる「ムチン」という物質が関節の軟骨成分を補修してくれるという事が研究されているようで、テレビで紹介された北里大学では1回で300から500匹のクラゲを購入しています。研究が完成してクラゲから獲れるムチンから薬を作る事になればさらに需要はあがっていく事になるでしょう。

 

感想&まとめ

身の回りにある誰も価値が無いと思っているモノを利用して一攫千金を成し遂げたハンター達の姿を紹介してくれましたが、やはり先見の明を言うのはとても大事なんだなと感じました。特に段ボールから財布を作って売りだそうなんて発想はそう簡単に思い浮かぶ事ではないですからね、私も身の回りのモノにもうちょっと興味を持って観察してみたいと思います♪

 

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソレダメ!でカサカサケアの新常識!リップクリーム・ハンドクリーム・かかとケアの正しい方法とは!

3月7日放送の「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」では「カサカサケアのソレダメ新常識」を紹介!良かれと思ってやっていたリップクリームやハンドクリームの塗り方、かかとケアは実は間違いだった!?効果 …

木村拓哉がくら寿司で帰れま10に挑戦!難関のかけうどんを見事に的中!

1月15日放送の「帰れま10」では木村拓哉さんが「無添くら寿司」で帰れま10に挑戦!全国に402店舗を展開しているくら寿司さんでは年間来店客数はなんと1億人超えという超人気店。お寿司が一皿108円で食 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク