時短生活のススメ

仕事やプライベートで忙しくても情報がないと生きていけない現代社会に知ってると役立つ情報だけをまとめてみました。

坂上&指原のつぶれない店

坂上&指原のつぶれない店!花畑牧場の田中義剛が貴闘力の焼肉ドラゴを立て直す!

投稿日:

8月12日放送の坂上&指原のつぶれない店では新企画「天才ビジネスおじさん田中義剛が立て直し!芸能人のつぶれそうな店!」を特集。

花畑牧場の商品を次々とヒットさせている天才ビジネスおじさん田中義剛が、芸能人が経営しているつぶれそうな店を徹底チェック、お店の立て直しを狙います!

今回のターゲットは元関脇貴闘力が経営する「焼き肉ドラゴ 八丁堀店」、下町でも3店舗を経営していてそちらの経営は順調。

しかしオフィス街にオープンした新店舗の売上が予想の半分しかいかないという、危機的状況のお店を天才ビジネスおじさんは立て直すことが出来るのでしょうか?

→焼肉 ドラゴ 八丁堀【公式】

 

焼き肉ドラゴ八丁堀店 6つのダメ出しポイント

その1.「女性客目線」ポップの跡をキレイに

貴闘力が八丁堀という場所を選んだ理由はランチ需要、サラリーマンが多いためランチだけでも売上が稼げると思ったのがキッカケです。

実際のランチタイムの客層を見て見ると7割は女性、しかし焼肉ドラゴには女性が好んで入るような清潔感は見当たりません。

店の入口にはポップをはがしたセロテープの跡や、文字が消えかかっているランチの看板、これでは女性客を取り込む事はできません。

 

その2.「看板」お店の売りがわからない

看板には「厳選された希少部位を分厚くカット!」と書かれていますが、これでは良い肉を高く売っているのか、安く売っているのか、看板をみてもお店の売りが全くわかりません。

お店の名前は貴闘力の現役時代のニックネーム「ドラゴ」からつけられていますが、これも何を表しているのかが全くの謎です。

最近では「立喰い焼肉治郎丸」、「いきなりステーキ」など、お店のコンセプトをストレートに伝えるのが主流です。

 

その3.「支払いシステム」食券機が店を安くする

お店の中に入った瞬間に食券機を見て表情を変えた義剛社長、その正体は食券機でした。

焼肉ドラゴは元々ラーメン屋だったお店の居抜き物件、ラーメン店時代に使っていた食券機をランチに使っています。

義剛社長いわく、食券機はお客さんとのコミュニケーションを断っている、食券があるとお客さんに「いらっしゃい」の一言が言えないとの事でした。

 

その4.「商品のネーミング」内容がわからない

焼肉ドラゴのメニューは相撲にちなんで名前がつけられています、「一代年寄盛」、「横綱盛」などの名前が並んでいますがメニューの内容が全くわかりません。

「内容の分からないものには人はお金を出さない」、日本では馴染みのない「ブラータ」と言うチーズを「生モッツアレラ」と変更して大ヒットさせた義剛社長だから言える言葉です。

 

その5.「FLR」FLRのバランスで店に特色を出す

FLRは飲食店で最も重要なキーワード

F…Food(食材原価)

L…Labor(人件費)

R…Rent(家賃)

この3つの合計を売上の70%に抑える事が利益を上げる最低条件です。

焼肉ドラゴのFLRは75%、この時点で利益が出る体質では無い事がわかりましたが、さらに重要なのは合計だけでなくバランスです。

例えば「いきなりステーキ」であれば食材原価の割合が高いので、メニューをステーキに絞り込む事で人件費を徹底的に削減します、一流ホテルのレストランであれば人件費の割合を増やしてサービスを充実させています。

このバランスを考えてお店の特色を作るのが大事、焼肉ドラゴであれば食材原価を60%まであげて専門性を打ち出すしかないとの事でした。

 

その6.「メニュー」お店だけの限定メニューがない

ここでしか今でしか食べられないというメニューが欲しい、テレビショッピングのお客さんを逃がさない3原則は「今だけ、ここだけ、あなただけ」。

という事で義剛社長自ら限定メニューを考案、その正体は「ハロウミチーズ」というヨーロッパやニュージーランドで人気のチーズです。

その特徴は焼いても形を保ってくれる事、海外ではバーベキューチーズとも呼ばれています。

というわけでハロウミチーズや他のチーズも使った花畑牧場コラボメニューを期間限定で販売、焼肉ドラゴは売上を立て直す事はできるのでしょうか?

 

 

感想&まとめ

最後は天才ビジネスおじさんらしく、自分の会社の商品を売り込んできた義剛社長でした。

下町にある3店舗は売上好調という事であれば根本的な問題は出店場所だけだと思います。

わざわざ高い家賃を払ってオフィス街での出店を無理して続けるよりも、早くお店をたたんで下町に出店した方が早いと思うのは私だけでしょうか♪

 

-坂上&指原のつぶれない店
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク
スポンサーリンク